自分が社会悪だと早く気づきなさい!仕事のできないワンマン社長の悲劇




【イチリンさん (50代 女性 会社員)】

もともと役人でありながら、役人の怠慢さに業を煮やして独立した人ですが、根っからの役人気質が抜けきれずに社長という身分に胡坐をかいています。

民間企業に勤めた経験がないから、社長という職業がどういうものか知らずに唯我独尊で経営してきたものの、あまりのワンマンぶりに周囲から煙たがられ、ふと振り向くと誰も付いて来ず、離れて行ったことに気づきました。

しかし社員や仲間が離れて行った事に対しても、自らの非を認めず、裏切られただの能力が欠けていたなど、他人のせいにばかりするので本人の「気づき」は全くゼロです。

時折、自分の非を認めるような言葉を吐いたとしてもそれは本心からではなく、自虐的なユーモアとして語る姿が愚かすぎて気の毒になるほどです。

そんな人間性ですから商売はできませんし、雇用する事の本質などを考えるなどと言った経営者であれば通常考える事もありません。

会社を興したり、人を雇用したりしてはいけない人なのです。

そうこうしているうちに還暦を過ぎ、夢は隠居する事となってきた矢先、ガンを発症しました。

これを機に、経営から退き自らの治療に専念すべきと周囲から諭されますが、そこは唯我独尊な人ですから聞く耳を持ちません。

起業能力も経営能力の皆無ですから、会社を畳む手段すらわからず、己は微々たる年金収入でその日暮らしをしています。

「バカは死ななきゃ治らない」を地で行く人物が存在する事をまざまざと見せつける人物です。


ご訪問ありがとうございます。
応援クリックを頂けると励みになります。
どうぞ、宜しくお願い致しますm(*_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 Comments